コンテンツにスキップする

ボーイング、印でエアバスと受注争い-ワイドボディー機で顧客奪う

  • シンガポール航空系ビスタラが787の購入を選択-関係者
  • 単通路機ではエアバスがビスタラとの交渉前進-A320neo有利

欧州エアバスの最新ワイドボディー機「A330neo」から顧客を奪う米ボーイングの取り組みは、米国からインドへと場所が移っている。インドはA330neoの販売をアジアに広げる上でエアバスが極めて重要とみている市場だ。

  事情に詳しい複数の関係者によると、シンガポール航空系のインド航空会社ビスタラはA330neoではなく、ボーイングの「787」購入を決め、エアバスにとって新たな打撃になった。これより前、アメリカン航空グループとハワイアン・ホールディングスがエアバス機の発注を取りやめ、787を選んでいた。

  ボーイングは積極的な価格設定とトランプ米大統領の減税を武器に販売攻勢を仕掛けており、すでに結果を出しつつある。エアバスは今年4月、予想を下回る販売が一因でさらに新しいモデルへの移行に伴い、A330ファミリーの生産を縮小すると発表。2017年は67機を納入したが、来年からは年50機の引き渡しにとどまる見通し。

  エアバスのエリック・シュルツ最高営業責任者(CCO)はシドニーでの3日のインタビューで、「ボーイングはわれわれをのんびりさせてはくれない」とした上で、エアバス側もボーイングに余裕を与えるつもりはないと言明した。

  ビスタラはボーイングに787を6機発注、さらに4機を購入するオプションを付ける見通し。情報が公になっていないとして関係者が匿名を条件に話した。このドリームライナーの最も高いモデルはカタログ価格で3億2580万ドル(約360億円)となっており、オプションを含めると最大33億ドル相当。

  ボーイングの販売責任者を務めるランディー・ティンゼス氏は3日、シドニーでインタビューに応じ、「エアバスを見るとA330neoファミリーは振るわない状況だ」と分析。税制改革でボーイングに機会が到来しており、税金面でライバルメーカーと肩を並べると説明した。

  エアバスは単通路機ではビスタラとの交渉が前進している。非公開情報だとして匿名を条件に語った関係者によれば、ビスタラはボーイングの「737Max」ではなく「A320neo」の購入に傾きつつある。最大60機の受注となり、値引き前のカタログ価格で66億ドル相当の取引となる。関係者の1人によると、ビスタラは近くこの件について発表する見通し。

原題:Boeing Hounds Out Newest Airbus Jetliner From U.S. to India (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE