コンテンツにスキップする

独バイエル、増資と社債発行で3.3兆円調達へ-モンサント買収に向け

  • ライツイシューで60億ユーロ、社債発行で200億ユーロ調達する
  • 資金調達は買収完了に向けた最後のハードルの1つ

ドイツのバイエルは、660億ドル(約7兆2300億円)での米モンサント買収を賄うため、増資と社債発行で最大260億ユーロ(約3兆3200億円)調達を計画している。同社は先週、買収計画発表から2年近くを経て、米反トラスト当局の承認を獲得した。

  3日の発表資料によると、バイエルはライツイシュー(株主割当増資の一種)で60億ユーロ、社債発行で200億ユーロを調達する。同社の既存株主は、保有する23株に対し新株2株を1株当たり81ユーロで購入することが可能となる。これはバイエルの1日終値を約22%下回る。

  バイエルがモンサント買収完了に近づく中で、資金調達は最後のハードルの1つ。買収が完了すれば、世界最大の種子・農薬メーカーが誕生する。

原題:Bayer to Raise $30 Billion in Share, Bond Sales for Monsanto (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE