イタリア:国民の29%がユーロ離脱に投票へ-世論調査

  • 残留に投票するのは49%、22%は分からないと回答
  • EUを信頼するとの回答は40%足らず-2011年の70%から大きく低下

イタリアでユーロ離脱・残留を問う国民投票が実施された場合、ユーロ離脱に投票するのは29%。イプソスの世論調査をイタリア紙コリエレ・デラ・セラが掲載した。調査によると、残留に投票するのは49%、22%は分からないと回答した。
 
  欧州連合(EU)を信頼するとの回答は40%に満たず、2011年の70%から大きく低下。ただ、EU離脱を望むとの回答は25%にすぎず、残留派が55%だった。調査は1002人を対象に5月30、31日に実施。

原題:29% of Italians Would Favor Leaving Euro: Ipsos Poll in Corriere(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE