コンテンツにスキップする

北朝鮮への制裁維持訴え、核放棄の場合のみ救済-マティス米国防長官

  • 北朝鮮に対する安保理決議、現段階では維持すべきだ
  • シンガポールでの日米韓防衛相会談の前に発言
マティス米国防長官

マティス米国防長官

Photographer: Paul Miller/Bloomberg
マティス米国防長官
Photographer: Paul Miller/Bloomberg

マティス米国防長官は、北朝鮮が国際的な制裁からの救済措置を得られるのは同国が非核化に向けて不可逆的な動きを示した場合のみだと述べた。

  マティス長官は3日、シンガポールでの日米韓の防衛相会談を前に、「われわれはせいぜい交渉に向けた困難な道のりを見込むことができるにすぎない」と発言。「国防・防衛担当大臣として、われわれは強力な共同防衛スタンスを維持する必要がある。そうすることで3カ国の外交官がこの極めて重要な時期に冷静に交渉を行うことができる」と語った。

  国際戦略研究所(IISS)が主催する年次のアジア安全保障会議出席のためシンガポールを訪れたマティス氏は、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の全ての決議を維持すべきだと主張。「北朝鮮は非核化に向けて検証可能で不可逆的なステップを示した場合のみ、救済措置を得る」と述べた。

  小野寺五典防衛相は米韓との会談後、記者団に対し、北朝鮮が完全かつ不可逆的な方法で具体的な行動を取ることが非常に重要だという点で3カ国が一致したと説明した。
 
原題:North Korea Gets Relief Only When It Gives Up Nukes, Mattis Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE