コンテンツにスキップする

米自動車販売:5月は予想上回る-SUVやピックアップが好調

更新日時

米自動車販売は今年も減少が見込まれているが、これまでのところ、経済が順調に前進する中で消費者は自動車のショールームに足を運んでいるようだ。

  雇用の回復やトランプ大統領による減税措置が寄与し、新車に対する強い需要は続いている。5月はほぼ全てのメーカーで販売台数が市場予想を上回り、一部は販売が増加した。特にフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は11%増と大きく伸びた。ガソリン価格や金利が上昇する中でも、利幅の大きいスポーツタイプ多目的車(SUV)やピックアップトラックが好調だった。

Merry May

Most automakers did better than expected last month

Sources: Bloomberg reporting, company statements

Note: "--" denotes figure not yet released

  コックス・オートモーティブのシニアエコノミスト、チャーリー・チェスブロー氏は「経済を見ると多くのセクターで活動が上向き始めている」とし、雇用増加と賃金の控えめな伸びという「スイートスポット」が寄与していると加えた。  

  フォード・モーターは市場の予想外に増加。売れ筋のピックアップ「Fシリーズ」の販売台数は、5月としては過去18年で最高となった。FCAは「ジープ」ブランドが29%増となり、全体でも市場予想を上回る伸びとなった。日本勢も日産自動車で「ローグ」、ホンダは「CR-V」、トヨタ自動車は「ハイランダー」が好調でアナリスト予想を上回った。

  調査会社オートデータがウェブサイトで発表したところによると、業界全体の販売台数は季節調整済み年換算で1691万台となった。予想は1670万台。

原題:Mighty May Auto Sales Show U.S. Economy Cruising in Sweet Spot(抜粋)
Autodata Reports May Light Vehicle SAAR 16.91m Units, Est. 16.7m(抜粋)

(業界全体の数字を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE