コンテンツにスキップする

トランプ氏、雇用統計発表前に強さ思わせるツイート-前夜に数字把握

更新日時
  • ツイートは「何の情報も漏らしていない」-クドロー氏が弁護
  • 雇用統計、「国家機密のような扱い」-クルーガー元CEA委員長

米雇用統計の内容について前夜の時点で説明を受けていたトランプ米大統領は、1日の統計公表直前に強い数字になると思わせるシグナルを公に送った。市場に影響する情報の事前開示を避けてきた歴代大統領の慣例を打ち破った。

  ワシントン時間1日午前7時21分に、大統領は「8時半の雇用統計が楽しみだ」とツイッターに投稿した。

  米労働省が実際に8時半に公表した5月雇用統計では、失業率は1969年以来の低水準となり、非農業部門雇用者数は22万3000人増加と、事前予想を上回った。

  クドロー米国家経済会議(NEC)委員長はインタビューで、トランプ大統領が前夜に統計の数字を把握していたと述べる一方、大統領のツイートは強い内容を意図的に発信することを意図したものではないと述べた。別に行われたCNBCとのインタビューでは、トランプ氏のツイートは「何の情報も漏らしていない」とクドロー氏は語った。

  統計の主要数値以外も吟味される金融市場で、大統領ツイートへの反応はまちまちだった。米株式先物は急伸。債券市場では2年債利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇。ドルは前日比横ばいにとどまった。

  米政府当局者の一部は月間雇用統計の数値を事前に入手するが、公表後1時間まではコメントしない取り決めになっている。

  オバマ前政権で経済諮問委員会(CEA)委員長を務めたアラン・クルーガー氏は、統計発表前に行われたブルームバーグラジオとのインタビューで、「国家機密のように扱われている」と雇用統計について語った。

原題:Trump Knew of Jobs Report Details Thursday Night, Kudlow Says(抜粋)

(第1・5段落を更新し、4段落にクドロー氏の発言を挿入します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE