クレディ・スイスが金利トレーダーを約15%削減へ、電子取引移行で

  • クレディSはNYとロンドンの金利ビジネスグループ縮小に動く
  • 米国と欧州、中東、アフリカのトレーディングポジションを減らす
Photographer: Gianluca Colla/Bloomberg

スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループは、電子取引に力を注ぐため、ニューヨークとロンドンの金利ビジネスグループの縮小に動いている。

  インターナショナル・トレーディングソリューションズ・グループの責任者の1人であるイブアラン・ソメラルデ氏が出した内部文書によれば、国債と金利デリバティブ(金融派生商品)を取引する金利ビジネスグループは、米国と欧州、中東、アフリカ地域のセールスおよびトレーディングポジションを減らす。

  事情に詳しい関係者の1人によると、クレディ・スイスはリソース(資源)をアルゴリズムトレーディング・プラットフォームにシフトし、これに伴い関連分野の行員約60人のうち15%程度を削減する。

  クレディ・スイスの広報担当のニコル・シャープ氏は取材に対し、「これに伴い当行の電子プラットフォームへの再投資と、市場環境と顧客のニーズによりうまく適合する商品分野に力を注ぐことが可能になる」と説明した。

原題:Credit Suisse Cuts Rates Traders to Emphasize Electronic Trading(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE