コンテンツにスキップする

ドイツ銀をS&Pが格下げ、「BBB+」に-CEOの再建努力に打撃

更新日時
  • 同業他社を下回るパフォーマンスの時期が続く見込み-S&P
  • 「BBB+」は投資適格級では下から3番目になる
Deutsche Bank AG Chief Executive Officer Christian Sewing Attends Annual General Meeting As Lender Announces 7,000 Job Cuts
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg
Deutsche Bank AG Chief Executive Officer Christian Sewing Attends Annual General Meeting As Lender Announces 7,000 Job Cuts
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

S&Pグローバル・レーティングは1日、ドイツ銀行の格付けを「A-」から1段階引き下げ「BBB+」とした。業績立て直しを図るクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は新たな逆風に見舞われた。

  S&Pは発表資料で「ドイツ銀の最新の戦略はわれわれが従来予想していたよりも深いビジネスモデル再編を想定している」と説明した。BBB+は投資適格級では下から3番目。経営陣は収益力回復のため「苛烈な」措置を取っているものの、「ドイツ銀は同業他社を下回るパフォーマンスの時期が続くと見込まれる。同業他社の多くは既に再編を完了している」と分析した。

  格下げはドイツ銀の営業コストを高め、ゼービングCEOの前途は一層険しいものとなる可能性がある。同CEOは欧州重視への事業転換を加速させるためジョン・クライアン前CEOに代わり起用された。S&Pは新CEOの指名に伴い格付け見直しを開始していた。

  ドイツ銀の株価は5月31日に過去最低を更新した。米監督当局が同行の米子会社を問題銀行のリストに加えたと報じられたのが影響した。

  S&Pは格付け見通しを「安定的」とし、経営陣が「戦略を鋭意実践し、ある時点では2019年の財務目標に向けた進展が見られ、一段と安定的でよりよく機能するビジネスモデルという長期的目標が達成される」との見方を反映したと説明した。

原題:Deutsche Bank Cut by S&P in Latest Blow for Sewing’s Revamp (1)(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE