コンテンツにスキップする

麻生財務相が鉄鋼関税適用除外求める-ムニューシン米財務長官と会談

  • 自動車関税も冷静な検討を-日本の対米投資は増加
  • 北朝鮮には最大限の圧力、中国を国際経済システムに組み入れる
麻生財務相

麻生財務相

Photographer: Takaaki Iwabu/Bloomberg
麻生財務相
Photographer: Takaaki Iwabu/Bloomberg

麻生太郎財務相は5月31日(日本時間6月1日午前)、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議前にカナダ・ウィスラーでムニューシン米財務長官と会談し、米鉄鋼輸入制限から日本を除外するよう要請した。米が検討する自動車関税についても対応を求めた。

  財務省幹部によると、麻生氏は日本からの鉄鋼輸出には安全保障上の懸念はなく、恒久的に関税の対象から除外するよう要請した。自動車関税についても、日本の対米投資の増加を挙げ、冷静な検討を訴えた。財務省幹部は、米国側の反応については明らかにしなかった。

  北朝鮮については、ミサイルや核兵器の廃棄まで最大限の圧力をかけることを改めて確認。中国を既存の国際経済システムに組み入れることについても連携するよう働き掛けた。イラン制裁についても日本企業に悪影響がないよう要請した。

 会談は午後3時15分から30分程度、行われた。麻生氏は同日、カーニー英中央銀行総裁とも会談した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE