コンテンツにスキップする
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg
cojp

米仮想通貨交換業者が認証プロセス変更、取引停止で懸念する顧客も

  • ポロニエックスはゴールドマン支援のサークル・インターネット保有
  • 顧客が認証プロセスを完了するまでの措置で資金は「安全」と説明
A computer monitor displays data on the temperature, fan speed and hash rate of graphics processing units as they mine cryptocurrency pools for Electroneum in Budapest, Hungary, on Wednesday, Jan. 31, 2018. Cryptocurrencies are not living up to their comparisons with gold as a store of value, tumbling Monday as an equities sell-off in Asia extended the biggest rout in global stocks in two years.
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

米仮想通貨交換業者ポロニエックスが、口座認証に必要な新たな文書を顧客がアップロードするまで仮想通貨の取引と引き出しを停止した。これを受け、一部利用者の間に資金回収ができなくなるとの懸念が広がった。

  ボストンを本拠とするポロニエックスは5月31日のツイートで、「顧客が認証プロセスを完了するのに伴い、資金は常時管理され安全だ」と説明。だが、新しい認証プロセスが行えない顧客の資金はどうなるのかという疑問は解消されなかった。

  ポロニエックスは、ゴールドマン・サックス・グループが支援するサークル・インターネット・ファイナンシャルが所有。仮想通貨関連業者に対する規制が強化される中、認証プロセスの更新を進めている。5月27日にはウェブサイトに「資金サービスを行う全ての登録業者同様に、ポロニエックスは顧客の特定・認証要件に適用される全ての法律の順守にコミットしている」と投稿した。

原題:Goldman-Backed Crypto Exchange Rattles Users With Terms Change(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE