ゴールドマンのバイスプレジデントがインサイダー取引で訴追

更新日時
Photographer: Jin Lee

ゴールドマン・サックス・グループのバイスプレジデント、ウージェイ・スティーブ・チョン氏が、顧客に関する非公開情報に基づいて取引し利益を得たとして訴追された。

  マンハッタンの連邦裁判所が31日公表した資料によると、同氏は十数人の顧客との取引を巡る非公開情報を利用して14万ドル(約1520万円)の不正な利益を上げた。韓国在住の友人のものを装った偽名での証券口座を利用した。

  韓国国民でサンフランシスコ勤務の同氏は2015年から17年にかけての不正行為について、1件の共謀罪と6件の証券詐欺罪に問われた。

  ゴールドマンは電子メールで、「チョン氏を巡る状況を承知しており、司法当局に協力している」とのコメントを出した。ゴールドマンは訴追の対象ではない。

  チョン氏のリンクトインのページによると、同氏は2012年からゴールドマンに勤務。

原題:Goldman Sachs Vice President Charged With Insider Trading(抜粋)
Goldman Sachs Executive Charged in Insider-Trading Scheme (3)

(詳細を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE