ソフトバンクのビジョンF、GM自動運転車部門に2450億円出資

更新日時
  • GMクルーズへの投資完了後の出資比率は19.6%に
  • GMも11億ドル追加出資、注入額は合計で33.5億ドル
ソフトバンク:GMの自動運転部門に22億5000万ドルを出資

ソフトバンクのビジョン・ファンドは米ゼネラル・モーターズ(GM)の自動運転車部門に22億5000万ドル(約2450億円)を投資する。GMは来年の自動運転車投入を目指している。

  ビジョン・ファンドはGMクルーズ・ホールディングスに2段階に分けて投資。自動運転車の投入の準備が来年整った時点で13億5000万ドルを投じて完了する。出資比率は全額を投じた後で19.6%となる。同部門の評価額は115億ドル。GMも11億ドルを追加投資し、注入額は合計で33億5000万ドルとなる。

  GMの発表の数時間後には、アルファベット傘下の米ウェイモが、自動運転技術でフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との提携を拡大すると発表するなど、自動運転車の開発競争で主要企業各社が連携に動いている。

  GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は記者団に対し、「今回の出資受け入れでクルーズは大規模な商業化に必要な資金を得ることになる」と説明した。

  ソフトバンクの出資発表を受け、5月31日の取引でGMの株価は一時は13.1%高と、2010年11月の再上場以降で最大の上昇となった。終値は12.9%高の42.70ドル。年初来から30日までの騰落率はマイナス7.7%だった。

原題:GM’s Cruise Draws $2.25 Billion Investment by SoftBank Fund (1)、GM Adds SoftBank as Ally in Self-Driving Race Against Google(抜粋)

(GMのCEOの発言や株価を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE