中国:5月の製造業PMI上昇、予想上回る-景気底堅く

更新日時
  • 製造業PMIは51.9、予想51.4-輸出向け新規受注の伸び加速
  • 非製造業PMIは54.9、4月の54.8から改善

中国の製造業活動を測る政府の指数は5月に上昇し、予想を上回る活動拡大となった。輸出向け新規受注の伸びが加速し、引き続き世界貿易が景気拡大をけん引していることが示された。

  国家統計局が31日発表した5月の製造業購買担当者指数(PMI)は51.9。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では51.4が見込まれていた。4月も51.4だった。5月の非製造業PMIは54.9。4月の54.8から上昇した。活動縮小・拡大の分かれ目は50。

  製造業PMIの項目別指数では、輸出向け新規受注が51.2と、前月の50.7から改善。投入価格と卸価格の指数も前月を上回った。一方、完成品在庫と受注残の指数はいずれも低下した。

  クレディ・アグリコルの新興国市場シニアストラテジスト、ダリウス・コワルツィク氏(香港在勤)はPMIの力強さについて、「米国との通商面の緊張といった外的脅威の中で中国経済の抵抗力を浮き彫りにしている」と指摘。「センチメント改善は向こう数カ月の全業界の活動にとって良い兆候だ」と述べた。

原題:China’s Factory Gauge Exceeds Estimates on Global Trade Strength(抜粋)

(コメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE