米ADP民間雇用者数:5月は17.8万人増、市場予想を下回る伸び

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが30日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、5月の米民間雇用者数は市場予想を下回る伸びにとどまった。

ADP雇用者数のハイライト (5月)

  • 民間雇用者数は17万8000人増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は19万人増。前月は16万3000人増(速報値20万4000人増)に下方修正
  • 建設業や製造業を含む財生産部門の雇用は6万4000人増
  • サービス業の雇用は11万4000人増

  ADPと共同で集計調査を行うムーディーズ・アナリティクスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏は「雇用の伸びは力強いが、減速している。企業は過去最高水準となっている空席ポストを埋めることができない状況だ」と発表資料で指摘。「それに応じて賃金の伸びが加速しており、その傾向は若者や新卒者、転職者に顕著だ。労働者を見つけることは、企業にとってますます優先課題になってきている」と続けた。

  業種別に見ると、建設業は3万9000人増加。商業・輸送部門は2万3000人減と、2010年3月以来の大幅なマイナスとなった。

  専門職・ビジネスサービス部門は6万1000人増。娯楽・ホスピタリティー関連は3万3000人増。

  従業員が500人以上の大企業の雇用者は5万6000人増加。50-499人の中堅企業では8万4000人増えた。49人以下の小企業では3万8000人増加した。

原題:U.S. Companies Add Fewer Jobs Than Forecast, ADP Data Show (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE