イタリア:ポピュリストに亀裂-同盟は選挙求める、世論調査で優位

  • 「同盟」のサルビーニ書記長は「五つ星運動」からの提案退ける
  • 「できる限り早期」の選挙を-7月末は望ましくない

イタリアの政党「同盟」のサルビーニ書記長は、あらためてともにポピュリスト政権樹立を目指そうという「五つ星運動」からの提案を退け、選挙の早期実施を訴えた。

  ピサでの集会で、五つ星のディマイオ党首からの提案について「われわれは売り物ではない。それに、これは尊厳の問題だ」と述べた。「中道右派陣営で政権を作ろうとし、次に五つ星と連立しようとしたがいずれも拒否された」と続けた。

サルビーニ氏

フォトグラファー:Gianni Nucci / ANSA via AP Photos

  「できる限り早期」の選挙を望むとした上で、休暇シーズン中の7月末は望ましくないと付け加えた。選挙後にどの政党と連立を目指すかは言明せず、五つ星との連立政権の成立を阻んだマッタレッラ大統領に聞けばよいと皮肉った。

  五つ星と同盟の間に亀裂が生じている兆候は3月4日の選挙および政権獲得失敗以降の支持率の動向を反映しているともみられる。世論調査によると、五つ星の支持率が低下する一方、同盟は2位に躍進した。

  23-28日に実際された調査で同盟の支持率は27.5%と、3月の選挙での得票率17.4%を大きく上回っていた。一方、五つ星は29.5%と選挙時の32.7%から低下。親欧州の既成政党の中でトップの民主党は19.4%だった。

  五つ星のディマイオ党首は29日夜の集会で政治危機の解決のためマッタレッラ大統領と協力する用意があるとしていたが、30日には同盟との連立で提案したジュゼッペ・コンテ氏を首班とした政権を認めるか、即刻選挙を実施するかのいずれかを迫った。その後にまた、選挙で同盟とは連携しないと表明した。

  マッタレッラ大統領が実務者内閣の首相候補として指名したカルロ・コッタレッリ氏(63)氏は30日午前に非公式に大統領と会談したが会談終了後も閣僚名簿の公表はなかった。ANSA通信は、政治家による政府ができる可能性が出てきたため展開を見守るとの同氏の声明を伝えた。

原題:Rifts Emerge Between Italy’s Populists in Push for Power (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE