米国の在中国商業会議所:米中貿易戦争を一段と懸念-ビジネス白書

米企業は依然として米中貿易戦争が起こり、その戦火にのまれるのではないかと懸念している。

  米国の在中国商業会議所は30日公表の年次中国ビジネス白書で、同会議所のメンバー企業が中国の知的財産権と産業政策の調査が再び緊張を高めるのではないかと憂慮していると述べた。同リポートは米国が対中報復関税導入をいったん保留した後、再び推し進めると29日に表明する前に作成された。

  同会議所はこの白書で、「中国国内の米企業にとって米中関係は一段と大きな懸念材料となってきた」とし、「特に米通商法301条と通商拡大法232条に基づく調査に関連する米中間の貿易摩擦は、双方が報復措置を講じる貿易戦争にエスカレートするとの強い懸念を引き起こしている」と説明した。

原題:U.S. Multinationals in China Still Worried About a Trade War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE