コンテンツにスキップする

【NY外為】円とスイス・フラン上昇、イタリア政局巡る不安で

更新日時

29日のニューヨーク外国為替市場では逃避先通貨が上昇。米中貿易摩擦とイタリアの政局を巡る不透明感を受け、リスク選好の動きが後退した。

  円とスイス・フランが主要10通貨の大半に対し上昇した。中国からの輸入品への関税対象品最終リストを6月15日までに発表するとのホワイトハウス声明に関し、合意に矛盾する発表だとの見解を中国商務省が示した。ただその後、中国は米国との通商協議を継続すると、新華社が社説に記した。ブルームバーグのドル指数は、遅い時間に日中最高の水準に達した。

  ニューヨーク時間午後4時35分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前営業日比0.4%高。ユーロは対ドルで0.8%安の1ユーロ=1.1535ドル。ドルは対円で0.7%下げて1ドル=108円68銭。

  ユーロは対ドルで一時1%下げ、10カ月ぶり安値の1ユーロ=1.1510ドルを付ける場面があったが、ニューヨーク時間の朝方にやや落ち着きを取り戻した。イタリアで早ければ7月にも選挙が実施される可能性について、影響を見極める展開となった。

  ドルはこの日、米国債利回りが急低下する中でも上昇。10年債利回りは15ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.8%を割り込んだ。

欧州時間の取引

  ユーロが対ドルで一時、昨年7月以来の安値を付けた。イタリアで選挙実施の可能性が出たことでイタリア債が急落、イタリア2年債の利回りが2012年12月以来の高水準に達したのが嫌気された。一方、円やスイス・フランは逃避需要から買われた。

原題:Yen, Swiss Franc Gain Amid Italian Uncertainty: Inside G-10(抜粋)
Euro Slides to 10-Month Low as Italian Bonds Tumble: Inside G-10

(第1-2段落を書き換え、4段落以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE