ベルギーで男が警官ら3人を殺害、テロとして当局が捜査

ベルギー東部リエージュの中心街で29日、男が警察官2人を含む3人を殺害する事件が起きた。容疑者の男は軽犯罪で服役していたが、28日に釈放を認められていたと地元メディアは報じた。当局はテロとして事件を捜査している。

  29日記者会見したリエージュ検察のドゥリュー検事によると、容疑者は警官2人を背後から刃物で刺し、拳銃を奪って2人を射殺。続いて通りすがりの車に乗っていた1人も射殺、近くの高校で女性を人質に取った後、警察に射殺された。銃撃戦で警官数人が負傷した。

  検察当局は実行犯について詳細を公表していないが、公共放送のVRTとRTBFは、複数の窃盗や薬物犯罪で服役していた30年代のベルギー人だとしている。

原題:Belgium Suspects Terrorism as Assailant Kills Police in Liege(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE