トランプ大統領、安倍首相と6月7日にワシントンで会談へ

更新日時
  • 北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長も訪米し米国務長官と会談へ
  • 板門店とシンガポールで北朝鮮と協議進めているとサンダース報道官

トランプ大統領と安倍首相

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

ホワイトハウスは29日、米朝首脳会談実現に向けた最終準備を矢継ぎ早に発表した。

  ホワイトハウスのサンダース報道官は声明で、トランプ大統領と安倍晋三首相が6月7日にホワイトハウスで会談するほか、北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長も週内にニューヨークでポンペオ国務長官と会う予定だと発表した。

  サンダース報道官はその後、大統領専用機「エアフォースワン」の機内で記者団に米朝首脳会談について、「われわれはそれが行われると予想している」と発言。ただ、会談実現のためには北朝鮮の非核化が「議題になる必要」があり、トランプ大統領が「われわれは前進していると感じなければならない」と述べた。同報道官はトランプ大統領が「その決定をする」としたが、時期については説明しなかった。

  サンダース報道官によれば、現在、米代表団が北朝鮮当局者らと板門店で協議しているほか、ヘイギン米大統領次席補佐官が率いる別の代表団がシンガポールで米朝首脳会談のための具体的な実務面の調整を行っている。また同報道官は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が日韓当局者と「ほとんど毎日」電話協議を行っていると語った。

原題:White House Races to Prepare for Revived North Korea Summit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE