スペイン中銀次期総裁にエルナンデス・デコス氏指名-リンデ氏の後任

  • リンデ総裁は6月11日に任期満了を迎える
  • エルナンデス・デコス氏は財政規律で保守的な立場を取る

スペイン政府は、6月11日に任期満了を迎えるスペイン銀行(中央銀行)のリンデ総裁の後任として、財政規律で保守的な立場を取るパブロ・エルナンデス・デコス氏(47)を指名した。就任後は欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバーも兼務する。

  正式な任命と国王フェリペ6世による認証に先立ち、エスコラノ経済相が29日の議会の委員会で、次期総裁候補が適材である理由を説明する。スペイン中銀の調査・統計責任者を務めるエルナンデス・デコス氏は、同国の競争力向上でさらなる改革を提唱する一方、赤字削減を重視する財政規律派として知られる。

原題:Spanish Government Proposes De Cos for Central Bank Governor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE