トルコの通貨リラが急伸、株と債券も上昇

  • 1週間物レポ金利を主要政策金利に、16.5%に設定-6月から
  • リラは一時3.4%高、2015年11月以来の大幅上昇
Photographer: Kerem Uzel
Photographer: Kerem Uzel

28日の金融市場でトルコの通貨リラは約3年ぶりの大幅上昇となり、株と債券も値上がりした。中央銀行が金融政策の枠組み簡素化を発表した。

  中銀は1週間物レポ金利を主要政策金利とすると発表。同金利は2017年1月以降、資金供給の主要なツールとして利用されていなかった。中銀は同金利を16.5%に設定。新たな枠組みは6月から適用される。

  リラはイスタンブール時間午後2時11分現在、3.4%高の1ドル=4.5627リラと2015年11月以来の大幅上昇。10年物国債利回りは57ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の14.11%。イスタンブール100種株価指数も2.9%上昇した。

原題:Turkey Markets Rally After Central Bank Simplifies Rates Jumble(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE