中国当局がCICCとUBSを起用、安邦保険資産売却の公算-関係者

  • 安邦保険は2月から暫定的に政府管理下に置かれている
  • 安邦は世界中で資産を積極的に購入していた

中国当局は安邦保険集団の資産を売却する可能性を巡り助言を得るため中国国際金融(CICC)とUBSグループを起用した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  当局側はCICCとUBSに安邦保険の資産処分に向けた準備を手伝うよう要請。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。まだ計画段階であり、正式な入札プロセスは始まっていないとも説明した。

  中国の習近平国家主席が金融システムにおけるリスク抑制を図る中で、政府は今年2月に安邦保険を暫定的に公的管理下に置いた。同社は世界中で資産を積極的に購入していたことで知られていた。

  安邦保険の広報担当者にコメントを求めたが今のところ返答はない。中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)もファクスでの問い合わせに回答していない。CICCとUBSの担当者はいずれもコメントを控えた。銀行の起用については英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が関係者の話を引用して香港で先に報じていた。   

原題:China Is Said to Select CICC, UBS to Prepare Anbang Divestments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE