Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

アップルにとって賠償金額以上の価値-特許侵害訴訟でサムスンに勝訴

  • サムスンがデザイン特許侵害で支払う賠償額は1億4000万ドル上積み
  • 差し戻し審評決不服で控訴する可能性とサムスンのクイン弁護士
Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

スマートフォンのデザインでサムスン電子がアップルの特許を侵害したとする裁判所判断を不服として上訴したのはサムスンの賭けだった。その後の審理で米最高裁がサムスンに有利な判断を下し、その賭けはうまくいったように見えた。しかし結果的にアップルに支払う賠償金は1億4000万ドル(約150億円)上積みされた。

  特許侵害を巡る差し戻し審でカリフォルニア州サンノゼの連邦地裁陪審は24日、アップルに有利な判断を下した。国際的な特許訴訟が始まって7年が経過する中で示された今回の評決は、形や製品デザインを保護する特許の価値を企業がどう捉えるかに影響を与えそうだ。

  今回は損害賠償金額の算定が再審理の対象だった。「iPhone(アイフォーン)」の角の丸みや前面を囲む縁などデザイン特許(意匠権)3件と通常特許2件の特許侵害は既に確定していることを陪審は最初から伝えられていた。

  最高裁が2016年、損害賠償額について下級審に見直しを求めたことでサムスンが支払う賠償金は減額される可能性があった。最高裁判断を受けて再審理に臨む陪審にとって基本的な問題は賠償金算出に用いる売上高をスマホ全体とすべきか、または特許侵害した部品だけにとどめるのかだった。

  シリコンバレーで知的財産権の訴訟にかかわるニール・チャッタジー氏は「陪審はアイフォーンのデザインの要素に関連する部分に大きな価値を置き、アップルがこれまでに獲得した金額を上回る賠償額を認定した」と分析した。

  最高裁は16年、3億9900万ドルの賠償額について見直しを連邦地裁に求めた。今回の陪審評決が認定した賠償額は5億3900万ドルで、1億4000万ドル上積みされた。

  サムスンの弁護士、ジョン・クイン氏は陪審評決は「証拠に裏付けられて」いないとし、控訴する可能性があると説明した。一方、アップルは声明でこの裁判は「常に賠償金額が問題なのではない」と指摘した。

原題:Apple Says It Wasn’t About Money After Samsung Loses Patent Bet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE