ジュリアーニ氏:モラー氏捜査が不正とのわれわれの確信強まった

  • ジュリアーニ氏はトランプ大統領の弁護士チームの一員
  • FBIのロシア捜査の端緒に関する機密情報開示を求めている

トランプ米大統領の弁護士チームの一員である元ニューヨーク市長、ルディ・ジュリアーニ氏は27日、モラー特別検察官が調べているロシアの米選挙介入疑惑捜査の合法性についてあらためて疑問を呈した。ただ、モラー氏によるトランプ大統領聴取の実現性は高まりつつある。

  ジュリアーニ氏はCNNの番組「ステート・オブ・ザ・ユニオン」で、「不正捜査であるとのわれわれの確信は強まった」と発言。捜査を合法とみているかとの質問に、同氏は、「もはやそうみていない。私が入った時にはそう思っていた」と答えた。ジュリアーニ氏は4月中旬に大統領の弁護士チームに加わった。

  ジュリアーニ氏は24日に司法省当局者が議員らに提供した、連邦捜査局(FBI)のロシア疑惑捜査の端緒に関する機密情報の開示を求めている。トランプ大統領は2016年米大統領選のトランプ陣営アドバイザーに接触した情報提供者は同陣営に潜入した政治「スパイ」だったと、裏付けのない主張をしている。

  ジュリアーニ氏は、「われわれに説明するのは非常に簡単なことだ。ホワイトハウスには知るためのあらゆる権利があり、大統領も最高権力者として同様だ」と述べた。

原題:Giuliani Accuses Mueller of Leading ‘Rigged’ Probe Into Trump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE