Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

サウジ・ロシアの政策シフトで合意形成困難か-6月の産油国会合

  • サウジとロシア、停止していた原油生産の一部回復で合意
  • OPECと非加盟産油国:原油供給過剰の解消目標は4月末で達成
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

サウジアラビアとロシアは先週、原油生産を回復させる新たな政策を発表した際、産油国連合の他のパートナーの大部分について言及しなかった。

  原油供給が引き締まり価格が急騰したのを受け、両国は他の産油国22カ国との合意の一環として停止していた原油生産の一部を回復させることで合意した。ただ、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国の一部の当局者は、増産案を承諾できないと述べており、来月にウィーンで開かれる産油国の会合ではコンセンサス形成が難しいとの見方を示している。

  シティグループの商品調査責任者、エド・モース氏は「意見が割れる会合になるかもしれない」と予想した。

  ロシアとサウジアラビアは他の産油国で失われた生産を補完するため増産すると提案しているだけに、この問題は特に神経質にならざるを得ない。ベネズエラの供給減が目立っており、イランは米国の制裁再開で落ち込む恐れがある。両国は生産上限の緩和で得るものはなく、25日に急落した原油価格の下げが続けば、多くを失うことになる。

Who's Got the Juice?

Saudi Arabia and Russia could potentially return the most oil to the market.

Source: IEA, OPEC

Note: Excludes countries the IEA says aren't capable of rolling back their output cuts

  OPECと非加盟産油国は先週の会合で、世界的な供給過剰の解消という長年の目標が4月末に達成されたと結論付けており、サウジとロシアによる増産開始提案を支持する可能性もある。

  ただ、大半の産油国はサウジとロシアの増産政策について相談を受けていなかった。輪番制でOPEC議長国を務めるアラブ首長国連邦(UAE)のスハイル・エネルギー相は25日にロシアのサンクトペテルブルクでインタビューに応じ、生産調整の是非はグループ全体で決めると述べ、「2カ国や3カ国が下した決定にはよらない」と語った。

Different Scenarios

Ending deeper cuts by individual members would barely boost supply, while moving the group back to 100% compliance in aggregate would add more than 700,000 b/d. Terminating the deal would increase output by about 1.3 million b/d.

Source: IEA, OPEC

Note: Calculation excludes countries the IEA says are unable to rollback cuts.

原題:Saudi-Russia Oil Policy Shift Sets Stage for Tense OPEC Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE