コンテンツにスキップする

韓国大統領:金委員長は米国との首脳会談要望、非核化の意志示す

  • 金委員長が「完全な非核化」に向けた意志をあらためて示した
  • ホワイトハウスのチームは米朝首脳会談準備でシンガポール出発へ

韓国の文在寅大統領は27日、南北首脳会談についてソウルで記者会見し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領との首脳会談の準備のため米国側と協議することで合意したと明らかにした。また、金委員長が「完全な非核化」に向けた意志をあらためて示したと語った。

  同大統領によると、金委員長からの要請を受けて26日に南北首脳会談を開催。大統領は席上、北朝鮮が「完全な非核化を決心・履行する」ならば、米国が敵対的な関係を終わらせるとのトランプ大統領の意向を伝えた。

South Korean President Moon Jae-in News Conference Following North, South Korea Surprise Meeting

会見する文・韓国大統領(27日)

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  文大統領は「金委員長が再度、朝鮮半島の完全な非核化の意志を明確にした」と述べ、「金委員長は米朝首脳会談の成功を通じて、戦争と対立の歴史を終わらせ、平和と繁栄をもたらすために協力すると語った」と発言した。

  トランプ大統領は26日夜に記者団に対し、北朝鮮との協議がうまくいっており、6月12日のシンガポールでの米朝首脳会談を依然検討していると述べた。ホワイトハウスの担当チームは米朝首脳会談の準備を継続するため、当初の予定通りシンガポールに出発する。

  27日の朝鮮中央通信(KCNA)はこれより先、南北首脳会談の後で金委員長と文大統領が6月1日に高位級会談を開くことで合意したとの声明を発表。「両首脳は対話を活発にして英知と努力を分かち合うため今後も頻繁に会うとの考えを共有した」と伝えた。

原題:Moon Says Kim Wants U.S. Talks, Committed to Denuclearization(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE