フィアット・クライスラー、480万台リコール-運転支援ソフト不具合

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、ソフトウエアの不具合によりクルーズコントロールシステムを停止できなくなる恐れがあるとして、米国で約480万台のリコール(無料の回収・修理)を実施する。

  FCAは「ラム」ピックアップトラックと「ジープ」のスポーツタイプ多目的車(SUV)、「クライスラー」および「ダッジ」の一部車種について、ソフトが更新されるまでクルーズコントロールの利用を避けるよう顧客に通知した。25日の米株市場でFCAの終値は2%安の21.82ドル。

原題:Fiat Chrysler Recalls 4.8 Million Cars Over Cruise-Control Flaw(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE