【NY外為】ドル上昇、ユーロは政情不安で下落-連休控え薄商い

更新日時

25日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。ブルームバーグのドル指数は週初からの下げを埋め、週間でプラスに回復した。同指数は週間ベースで6週連続高となる。米国は28日がメモリアルデー(戦没者追悼記念日)の祝日で3連休となることから、25日は薄商いとなった。

  ユーロは対ドルで下落し、週間ではこれで6週連続安。欧州連合(EU)内の政治リスクを受けてユーロ売りが広がった。イタリアとスペインの政局を巡る不安が再燃し、10年債で比較したドイツとイタリアの利回り差は2ポイント超と、2014年以降で最大となった。

  ニューヨーク時間午後4時52分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%高。ユーロは対ドルで0.6%安の1ユーロ=1.1647ドル。ドルは対円で0.2%上げて1ドル=109円48銭。

  トランプ米大統領はこの日、米朝首脳会談が6月12日に実施される可能性はまだあるとの認識を示したが、為替市場の反応は限定的だった。

  主要通貨で下げが目立ったのはノルウェー・クローネとカナダ・ドル。原油相場の値下がりが影響した。

欧州時間の取引

  28日は英国も祝日となることから、欧州時間には米英の3連休を控えたポジション調整が影響した。前日にトランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を発表した後に、北朝鮮が会談に依然前向きでいつでも応じる用意があると表明したことを受けて、円はアジア・欧州時間に軟調に推移した。

原題:Dollar Completes Recovery as Politics Weigh on Euro: Inside G-10(抜粋)
Dollar Heads for First Weekly Loss Since Mid-April: Inside G-10

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE