マスク氏のストックオプション巡るツイートは労働法違反-UAW主張

  • UAWはマスクCEOのツイートを受け、連邦当局に調査を要請
  • なぜ組合費を払い、ストックオプションを放棄するのか-マスク氏

イーロン・マスクCEO

Photographer: Justin Chin

全米自動車労働組合(UAW)は、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のツイートについて同社を調査するよう全米労働関係委員会(NLRB)に要請している。

  UAWが23日提出した申し立て書をブルームバーグが入手した。それによると、UAWは、テスラが労組活動参加への報復として従業員からストックオプションを取り上げると脅すことで、全国労働関係法に違反したと主張している。

  マスク氏は今週ツイッターに、「テスラの工場のチームが労組加入について投票することを止めるものは何もない。彼らが望むなら明日にそうしてもかまわない。しかし、一体なぜ組合費を払い、何の見返りもなしにストックオプションを放棄するのか」と投稿した。

  UAWは申し立てで、マスク氏が2180万人のツイッターのフォロワーを抱えており、問題のツイートが幅広く共有されているほか、メディアにも取り上げられていると指摘。UAWは積極的にカリフォルニア州フリーモントにあるテスラの組立工場の労組加入を目指している。

  UAWのデニス・ウィリアムズ委員長は24日にデトロイトで記者団に対し、マスク氏のツイートは「労働者への脅しであり、労働法に直接違反する」と語った。

  テスラの広報担当者はマスク氏のツイートについて、他の自動車メーカーに勤務しているUAWの組合員はストックオプションや制限付き株式を付与されていないことを指摘しようとしたものだと説明した。

原題:Musk Stock-Option Tweet Violated U.S. Labor Law, UAW Alleges (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE