トランプ大統領、米朝会談行うなら6月12日-再設定で生産的協議

更新日時
  • シンガポールで開催の可能性、24日の中止通告から一転
  • 「必要ならさらに延長されるだろう」とトランプ氏
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

トランプ米大統領は、米政府が北朝鮮に中止を通告した米朝首脳会談について、北朝鮮と「非常に生産的な協議」を行っており、金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談が再設定され、期間が延長される可能性もあることを示唆した。

  トランプ大統領は「首脳会談の再設定を巡り北朝鮮側と非常に生産的な協議を進めている。会談が行われるとすれば、シンガポールで同じ日の6月12日となる可能性が高い。必要ならその日からさらに延長されるだろう」と25日夜にツイートした。

  大統領は24日の書簡で北朝鮮に首脳会談の中止を突然通告した後、25日には記者団に対し、首脳会談が実現に向けて前進する可能性があり、「12日に開かれることすらあり得る」と述べていた。

  米国務省のナウアート報道官は「これまでは正しいシグナルが得られていなかったが、今後はそうなることを期待する。われわれは会談に赴くという目的のためだけに会談に向かうことを望まなかった。そこから何らかの成果を得る必要があった」と語った。

米朝首脳会談について発言するトランプ米大統領

(出所:Bloomberg)


原題:Trump Says N.Korea Summit May Go Ahead After ‘Productive Talks’(抜粋)

(米国務省の報道官のコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE