スペイン最大野党がラホイ首相への不信任動議準備-関係者

更新日時
  • 国民党内の汚職事件で首相元側近らに有罪判決
  • 社会労働党、ラホイ政権の打倒には他の2党の支持必要

スペイン最大野党の社会労働党は、ラホイ首相の元側近が与党国民党内の汚職事件で有罪判決を受けたのを踏まえ、同首相に対する不信任動議を準備している。同計画に詳しい関係者が明らかにした。社会労働党の戦略について話していることを理由に匿名で語った。

  同関係者によると、社会労働党のサンチェス党首は緊急会合を25日午前11時(日本時間同日午後6時)に開き、同党首が求めている議会での不信任動議の採決の要求を党執行部が支持する見通し。

  同党の広報担当者に業務時間後にテキストと音声メッセージでコメントを求めたが、回答は得られていない。

  同国の裁判所は24日、国民党の元幹部らが不正資金を運用し、選挙資金に捻出したほか、約5000万ユーロ(約64億円)近くを同党の元財務担当者ルイス・バルセナス氏のスイスの銀行口座に蓄財していたと判断した。この裁判で証人として召喚されたラホイ首相は不正を繰り返し否定している。

  反エスタブリッシュメント政党、ポデモスは既に不信任動議を呼び掛けているが、動議の行方は同国議会で第4の政党であるシウダダノスの動向次第となる。スペインの議会勢力は分散しており、社会労働党もポデモスも単独ではラホイ政権を打倒できる票を持たない。

原題:Spanish Opposition Is Said to Plan No-Confidence Vote for Rajoy(抜粋)

(背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE