Photographer: Jacob Kepler

米住宅価格、12年ぶりの大幅上昇-21市場で10年前のピーク上回る

  • 8.7%の伸び率は2006年6月以来最大、中央値21万5600ドル-ジロー
  • 18年1-3月は50州全てとワシントンで住宅価格上昇-米FHA
Photographer: Jacob Kepler

米国の住宅価格は2017年4月以降に8.7%上昇し、中央値が21万5600ドル(約2352万円)に達したことが、不動産情報サイト、ジローの分析で示された。

  これと別に米連邦住宅局(FHA)が発表した統計は、18年1-3月(第1四半期)に50州全てと首都ワシントンで住宅価格が前年同期比で上昇したことを示し、やはり広範な価格上昇を確認した。同期の価格上昇率は全米で6.9%。ネバダ(13.7%)、ワシントン(13.1%)、アイダホ(11.1%)、コロラド(10.6%)の各州では伸びが10%を超えた。

  ジローの分析が示した価格上昇率は、2006年6月(9%)以来最も高い。都市別ではサンノゼ(カリフォルニア州)が26%でトップ。ラスベガスとシアトル、ダラス・フォートワース地域、サンフランシスコ、タンパ(フロリダ州)、アトランタ、シャーロット(ノースカロライナ州)、オーランド(フロリダ州)はいずれも2桁上昇となった。

California Dreamin'

In San Jose, annual home values rose 26 percent to a median of $1,263,900

Source: Zillow

  ジローのシニアエコノミスト、アーロン・テラザス氏は「この春は堅調な需要に引き締まった供給が追い打ちをかける究極の住宅購入シーズンだった。建設の滞りが新たに供給を悪化させており、売りに出された住宅には非常に早いペースで買い手がつく。最近の減税や賃金上昇を追い風に、米国民は消費モードになっている」と指摘した。

  住宅価格は全米上位35市場のうち21の市場において、住宅ブームのピークにあった10年前の水準を上回った。

原題:U.S. Home Values Are Rising at Their Fastest Pace in 12 Years(1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE