コンテンツにスキップする

書簡全文:北朝鮮の金委員長宛て、差出人トランプ米大統領

            
           
金正恩委員長閣下

米朝双方が長らく望んでいた首脳会談のための最近の交渉に、貴委員長が投じた時間と忍耐、努力に深い謝意を表します。会談はシンガポールで6月12日に行われることになっていました。会談は北朝鮮が要請したものだと当方には伝えられていましたが、それは全く重要ではありません。わたくしは、貴委員長とともにその場に会することを切望しておりました。遺憾ながら、北朝鮮側が最近の発言で示したとほうもない怒りとあからさまな敵意に触れ、待望されていたこの会談を開くのは、現時点で不適切だとの感触を抱きました。従って、この書簡をもってシンガポールでの首脳会談は実現しないということをお伝えします。これは両国のためでありますが、世界にとっては残念なことです。貴委員長は貴国の核能力に言及されますが、わが国の能力はあまりにも巨大で強力なので、これを決して使用しなくて済むことをわたくしは神に祈ります。

貴委員長との間に素晴らしい対話が成り立ちつつあるとわたくしは感じておりました。最終的に重要なのはそうした対話です。いつか貴委員長と会談できることを強く待望しております。今は、拘束を解かれて帰国し家族と再会できた米国人の解放について、感謝の意を表します。素晴らしい行動であり、非常に感謝されています。

この何よりも重要な首脳会談について、考えが変わることがありましたら、書簡なり電話なりちゅうちょなくご一報ください。世界、そして北朝鮮は恒久的な平和と大きな繁栄および豊かさを得る素晴らしい機会を失いました。この失われた機会は歴史の中で真に悲しい瞬間です。

金正恩・朝鮮民主主義人民共和国国務委員長閣下

2018年5月24日 ワシントン
                  アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ

原題:Full Text of President Trump’s Letter to North Korea’s Kim(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE