コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、北朝鮮の金委員長との会談中止-怒りと敵意が理由

更新日時
  • 北朝鮮側の「途方もない怒りとあからさまな敵意」が理由と書簡
  • 米国の核能力は巨大で強力、使わないで済むことを神に祈る

トランプ米大統領は6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を取りやめた。北朝鮮側の最近の発言に見られる「途方もない怒りとあからさまな敵意」が理由と説明した。

  同大統領の決定は24日付の書簡で、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長に伝えられた。同書簡をホワイトハウスが公表した。

  北朝鮮は24日、米国に対する語調を硬化させ、「核には核を」の決着も辞さないとの外務次官声明を発表。これに対しトランプ大統領は、北朝鮮は「自国の核能力に言及するが、米国の能力はあまりにも巨大で強力なので、私は使わないで済むことを神に祈る」と書簡に記した。

  米朝首脳会談は少なくとも当面は実現しないことになり、次の展開は不透明だ。トランプ大統領はこれまで、首脳会談が頓挫すれば米国は北朝鮮に対する最大限の経済的圧力を継続すると表明している。

   米朝首脳会談は軍事的衝突を回避する手段であり、歴代政権とは異なるトランプ大統領の手腕を示す機会と米政権はとらえていたが、歴代米大統領と同様、核保有を存続の鍵と固く信じる北朝鮮の考え方を崩せなかった。

原題:Trump Cancels June 12 Singapore Summit With North Korea’s Kim(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE