コンテンツにスキップする

ベスト・バイ、通期業績見通しを据え置き-失望売りで株価大幅安

米家電量販店ベスト・バイは5-7月(第2四半期)の調整後1株当たり利益について、77-82セントになるとの見通しを示した。アナリスト予想平均は82セント。同社は通期の業績見通しについては従来予想を維持、予想引き上げを期待していた市場参加者の失望を招いた。株価は大幅安で始まった。

  2-4月(第1四半期)の米既存店売上高は7.1%増と、アナリスト予想の2倍超の伸びとなり、2-4月としては2004年以来の大幅増となった。利益も市場予想を上回った。

  ベスト・バイは米アマゾン・ドット・コムのシェア拡大に対処するため、対顧客総合技術支援プログラムなど新しい取り組みを進めているが、コスト面の問題を抱えている。

Trading Swings

原題:Best Buy’s Heavy Spending to Keep Amazon at Bay Comes at a Cost(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE