ドイツ銀、少なくとも7000人削減へ-株式業務見直しで

  • 削減後の人員数は9万人を「大きく下回る」、現在は9万7000人強
  • 2019年の調整後費用を220億ユーロに圧縮へ
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

ドイツ銀行は株式事業部門の人員を4分の1減らす方針を明らかにした。同事業見直しの結果で、全行の人員数は少なくとも7000人減らす。クリスティアン・ゼービング新最高経営責任者(CEO)のコスト削減策の一環。

  24日の発表によると、削減後の人員数は9万人を「大きく下回る」水準となる。現在は9万7000人強。2019年の調整後費用を220億ユーロ(約2兆8200億円)に圧縮する目標も示した。18年の目標は最高でも230億ユーロ。

  ジョン・クライアン前CEOが15年に打ち出した削減目標は20年までに9000人だった。前CEOの下で実際に減ったのは約1500人。ドイツ銀は法人・投資銀行部門のレバレッジエクスポージャーを1000億ユーロ余り減らす方針も示した。

原題:Deutsche Bank to Cut at Least 7,000 Jobs After Equities Overhaul(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE