米議会、中国ZTEへの制裁解除の阻止目指す法案検討-大統領に圧力

  • 下院歳出法案にはトランプ大統領による制裁解除の阻止を狙った文言
  • 制裁解除が米国の安全保障を阻害しないと大統領に証明を求める案も

米議会は中国の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)が貿易制裁合意に違反し、米国の安全保障に脅威を突き付けているとして、同社に対する制裁を弱めないようトランプ大統領に圧力を強めている。

  検討される最も広範囲な措置は下院の歳出法案で、トランプ大統領による制裁解除を阻止することを狙った文言を盛り込んでいる。他にも、制裁解除が米国の安全保障を阻害しないと大統領に証明を求める案や、国防総省にZTEの協力業者との契約更新を禁じる案も検討中だ。

  法案の検討はトランプ大統領が中国の習近平国家主席への好意として制裁を見直していることへの議会の反発の高まりを映している。ZTEは米国の制裁で少なくとも31億ドル(約3400億円)の損失を見積もっている。

原題:ZTE Crackdown Measures Advance in Congress, Pressuring Trump (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE