米HPエンタープライズ株10%超の下げ-利益見通しさほど好感されず

23日の米株式市場で米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ (HPE)の株価が急落した。同社が示した5-7月(第3四半期)の利益見通しをアナリストらはさほど好感しなかった。

  22日の発表資料によると、一部コストを除いた1株利益は35-39セントの見通し。ブルームバーグ集計のアナリスト予想平均は36セントだった。アントニオ・ネリ最高経営責任者(CEO)は前年同期との比較という意味で厳しくなることから、下期の成長ペースは「変調」してくるだろうとの見方を示した。

  HPEの株価は23日の取引で一時11.3%安となった。株価終値は10.5%安の15.58ドル。

  オッペンハイマーのアナリスト、ジョージ・アイワニック氏は2018年下期が「本当の試金石」だと指摘。持続的な改善となれば、上期の好調さが前年との比較で優位だったことや好ましい為替レートだけによるものではなかったことが投資家に示されるだろうと述べた。

Better Than Expected

HPE boosted revenue with higher-end products last quarter, but growth may slow down

Source: Company filings

原題:HP Enterprise Tumbles on Earnings Outlook That Fails to Inspire(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE