クルーグマン教授も加わる-新興市場「危機」警告の大合唱

ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン教授

Photographer: Christopher Goodney/
Photographer: Christopher Goodney/

ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン教授が、新興市場「危機」を警告する経済学者や運用者の大合唱に加わった。

  クルーグマン教授はツイッターで、現在の様相は1990年代後半のアジア金融危機に類似した点があると指摘した。当時は新興市場株が59%下落、各国当局は異例の高水準まで金利を引き上げた。

  「悪循環に陥り傷口が広がった1997-98年型の危機を思い描くことが少なくとも可能になった。新興市場通貨が下落し企業債務が破裂、景気が圧迫され、一段の通貨安につながった」とクルーグマン教授は説明した。

  実際、十数の新興市場通貨は今年2月以降の下げ幅が2013年のテーパータントラム時を上回っている。

  クルーグマン教授は危機の全面的な拡大を予言することは避け、「次の世界金融危機の始まりかと言えば、恐らくそうではない。そのような危機の兆候は見られないと私は言ってきた。それ以上のことは言えない。何か少し恐ろしそうなものが迫っている」と語った。

もっと悪くなる、選別的になる必要-新興国に普段は強気のモビアス氏

Worse Than Taper Tantrum

Currencies from Turkey, Argentina and Russia down more than 2013 episode

原題:Krugman Joins Chorus of Doomsayers on Emerging-Market ‘Crisis’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE