武田薬が3.4兆円の協調融資に参加呼びかけ、シャイアー買収で

  • 620億ドルでのシャイアー買収の資金を調達へ
  • コミットメントの最低額は5億ドル-関係者
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

武田薬品工業は308億5000万ドル(約3兆4000億円)の協調融資への参加を国内外の銀行に呼びかけた。事情に詳しい関係者が明らかにした。武田薬は620億ドルで合意したシャイアー買収の資金を調達しようとしている。

  武田は今月、JPモルガン・チェースと三菱UFJ銀行、三井住友銀行がつなぎ融資提供に合意したと発表していた。協調融資はさらに多くの銀行に、アジア最大級の融資案件に参加する機会を与える。

  ただ、ムーディーズ・インベスターズ・サービスは買収規模の大きさを理由に武田薬の格付けを今月、「A2」に1段階引き下げている。武田薬は2018年度中に最大200億ドル程度の社債発行も計画していると伝えられており、融資のリスクはゼロではない。

  武田薬向け融資は同社の信用格付けに基づいた金利マージンとコミットメント料を得る機会になると、関係者が公に発言する権限がないとして匿名を条件に述べた。コミットメントの最低額は約5億ドルだという。

  武田の広報担当者はコメントを控えた。

原題:Takeda Invites Banks to Join $31 Billion Loan for Shire Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE