きょうの国内市況(5月23日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株続落、米朝融和に黄信号-景気敏感セクター売られ一時300円安

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は先物主導で続落。米国と北朝鮮の融和ムードが後退、為替の円高推移も嫌気され、業績の先行きを懸念から機械など輸出株、非鉄金属など素材株、海運株など景気敏感セクター中心に幅広く下げた。原油市況の反落で鉱業や商社など資源株も安い。

  TOPIXの終値は前日比12.26ポイント(0.7%)安の1797.31と3日続落し、11日以来の1800ポイント割れ。日経平均株価は270円60銭(1.2%)安の2万2689円74銭と続落し、下げ幅は一時300円を超えた。

  りそな銀行アセットマネジメント部の黒瀬浩一チーフ・マーケット・ストラテジストは、「ことしの相場の特徴は上がる時はゆっくりだが、下がる時は大きく下がる。今期のコンセンサス予想の5ー7%増益に比べると、貿易戦争や新興国不安など大きなリスク要因があり、この非対象が原因」との見方を示した。米朝会談は条件交渉の過程にあり、日本株は「上昇してきた反動が出ている」と言う。

  東証1部33業種は鉱業や石油・石炭製品、海運、非鉄金属、卸売、鉄鋼、機械、ガラス・土石など31業種が下落。鉱業などは、石油輸出国機構(OPEC)が生産量を引き上げる可能性があるとの一部報道を材料に、22日のニューヨーク原油先物が0.2%安の72.13ドルと反落した影響も受けた。空運とサービスの2業種のみ上昇。

  売買代金上位では、中期経営計画への失望売りが続くソニー、大和証券が投資判断を下げた日本精工、受け渡し検査問題での社長会見の情報が市場に伝わった日本ガイシが安い。ガイシが午後3時に発表したところでは、検査を契約通り実施していなかった事例が判明した。これに対し、ジェフリーズが買い判断に上げたリクルートホールディングス、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が強気判断としたルネサスエレクトロニクスは高い。

  東証1部の売買高は14億8761万株、売買代金は2兆5421億円。値上がり銘柄数は800、値下がりは1182だった。

●債券先物が上昇、株価急落や円高で買い優勢-日銀オペ結果も現物支え

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券市場では先物相場が上昇。来月予定の米朝首脳会談の開催を巡る不透明感から株安と円高が急速に進んだことに加えて、時間外取引の米10年国債利回りの低下を受けて買いが優勢になった。日本銀行が実施した国債買い入れオペの結果も現物債中心に買いを促した。

  長期国債先物市場で中心限月6月物は前日比変わらずの150円78銭で取引を開始。150円77銭に下げた後は水準を切り上げ、一時は150円87銭と日中取引ベースで9日以来の高値を付け、結局は7銭高の150円85銭で引けた。

  SMBC日興証券の竹山聡一金利ストラテジストは、「米朝首脳会談に期待が強かったのか分からないが、株価が急落して円高も進んだため、先物が買われた。それでも現物の上値は重かったが、オペの結果を受けて追随した」と指摘。「入札直後の20年ゾーンのオペ結果が売り手控えを示した。米金利上昇が一服して益出しの必要もない」と言う。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の350回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と横ばいの0.045%で取引を始め、その後も同水準で推移した。新発20年物164回債利回りは同0.5ベーシスポイント(bp)低い0.525%で取引された。新発30年物58回債利回りは0.5bp高い0.76%で始まったが、その後は0.755%で取引された。

  日銀はこの日、中期・超長期ゾーンを対象とした国債買い入れオペを実施した。買い入れ額は残存期間1年超3年以下が2500億円、3年超5年以下は3300億円、10年超25年以下は1900億円、25年超は700億円と、いずれも前回から据え置き。オペ結果によると、10年超25年以下の応札倍率が2.00倍と、3月7日以来の低水準になった。

●ドル・円下落、米朝首脳会談への不透明感が重しに-110円台前半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は下落。米朝首脳会談についてトランプ米大統領が懐疑的な見方を示したことが背景となり、円は主要通貨に対して全面高となった。

  ドル・円相場は23日午後3時29分現在、前日比0.4%安の1ドル=110円42銭。早朝にトルコリラ・円が証拠金取引のロスカットとみられる売りで急落する中、リスク回避の動きも意識され、ドル・円に売り圧力が強まった。午後にかけては、日本株の下落とともに110円38銭まで下値を拡大。その後の取引では110円40銭前後から110円50銭前後の小動きに終始した。

  トルコリラは東京時間の早朝に対ドルと対円で過去最安値を更新した。ドルに対しては一時前日比約3%安の1ドル=4.8203リラ、円に対しては3%安の1リラ=22円96銭を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE