Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

TSMCが新型アイフォーン向けに半導体量産開始-関係者

更新日時
  • 次世代プロセッサーはより小型で高速、効率的な7ナノメートル設計
  • サムスン電子も7ナノメートル技術のチップの量産を年内に開始へ
Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

台湾積体電路製造(TSMC)が年内に発売される米アップルの新型「iPhone(アイフォーン)」向け次世代プロセッサーの量産を開始した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同関係者によると、プロセッサーは「A12」チップと呼ばれる見通しで、アイフォーン「8」や「X」に使用されている回路線幅10ナノメートルの半導体に比べてより小型で高速、効率的な7ナノメートルの設計となる。非公開の計画であることを理由に匿名を条件に語った。

  アップルとTSMCの広報担当者はいずれもコメントを控えた。

  より高性能のチップを採用すれば、アプリの動作速度が向上し、再充電が必要になるまでの電池の持ち時間が延び、市場競争で重要な利点になる。

  半導体受託生産で世界最大手のTSMCは4月、7ナノメートルの半導体の量産を開始したことを明らかにしていたが、特定のパートナーのために生産しているとは開示していなかった。

  アップルは7ナノメートルの半導体技術を消費者向け機器に初めて使用する企業の1社だが、最大のライバルであるサムスン電子も新型スマートフォンでの採用に取り組んでいる。サムスン電子は22日、同技術を使用したプロセッサーの量産を年内に開始すると発表した。

  アップルは今秋、少なくとも3種類の新型アイフォーンを投入する計画で、過去最大サイズのアイフォーンと現行のXと同サイズで機能を改良したモデル、Xの主要機能の多くを備えながらも低コストの液晶表示装置(LCD)スクリーンを採用した廉価版を発売する見通し。

原題:Apple Partner TSMC Is Said to Start Making Chips for New IPhones(抜粋)

(4段落以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE