コンテンツにスキップする

米朝合意の最大の障害は非核化の定義か、北は段階的プロセス求める

  • トランプ大統領「全てを一度に済ます方がはるかに良い」
  • 韓国大統領:「トランプ大統領が歴史的偉業成し遂げると確信」
文在寅大統領とトランプ大統領

文在寅大統領とトランプ大統領

Photographer: Oliver Contreras/Sipa USA
文在寅大統領とトランプ大統領
Photographer: Oliver Contreras/Sipa USA

トランプ米大統領は22日、米朝首脳会談の実現の可能性について一段と悲観的な見方を示したものの、米当局者らは6月12日の同会談の準備を進めている。

  トランプ大統領はこの日、韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで会談。両首脳とも会談後、ほとんど公のコメントをせず、米朝首脳会談中止の可能性が高まっていることが示唆された。

  北朝鮮と米国が合意を目指す中で最大の障害となっているのは非核化の定義のようだ。米当局者は北朝鮮が「完全かつ検証可能で不可逆的な武装解除」を受け入れることを期待すると繰り返し述べてきたが、北朝鮮は同地域の駐留米軍の規模縮小を含み得る段階的なプロセスを求めている。

  トランプ大統領は22日、非核化は段階的なものより、「全てを一度に済ます方がはるかに良い」と語った。一方、文大統領は、米朝首脳会談が成功するかどうかについて、米国内に「多くの懐疑的見方があることは十分承知している」と通訳を通じて発言。「トランプ大統領が歴史的偉業を成し遂げられると確信している」と述べた。

原題:U.S. Forges Ahead With North Korea Summit Plans as Doubts Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE