Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

雇用拡大の恩恵、多くの米国民感じず

  • 5人に2人は400ドルの緊急支払いを賄える十分な貯蓄がない
  • 「オピオイド」乱用問題の影響も初めて検証
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

米国では失業率が極めて低い水準となったが、多くの世帯で引き続き家計状況は厳しいことが連邦準備制度の報告書で示された。

  米国の一般世帯の経済状況に関する2017年版の報告書によれば、5人に2人の米国人は緊急時に400ドル(約4万4000円)の支払いを賄える十分な貯蓄がなく、4人に1人が経済的に「何とかやっていけている」とは感じていない。

  22日に公表された報告書は、1万2000人余りを対象に17年11、12両月実施された調査に基づいている。全米に広がる鎮痛剤「オピオイド」乱用に伴う影響も初めて扱われた。

  米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は声明で、「雇用水準の上昇は多くの米国民の家計改善につながっているが、全国民がそうなっているわけではない」ことを今回の調査結果が示していると指摘。また「成人5人に1人程度が、オピオイドや他の痛み止めの中毒になっている人物を知っている」ことも判明したとコメントした。

  米失業率は昨年12月時点で4.1%、今年4月には3.9%とさらに低下し、2000年以来の低水準となっている。  

原題:Fed Poll Shows Many Americans Missing Solid Job Market’s Bounty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE