Photographer: Jim Young/Bloomberg

アマゾンの顔認識AI、法執行機関による使用は人権侵害に

Photographer: Jim Young/Bloomberg

アマゾン・ドット・コムの顔認識システムが法執行機関に利用されれば人権侵害となる恐れがあると、米自由人権協会(ACLU)が22日抗議した。

  ACLUが入手した販売促進資料によると、同社クラウド部門のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は「レコグニション」システムは人工知能(AI)を駆使して写真や動画の人物を素早く識別でき、当局による個人の追跡を可能にするとしている。

  ACLUは発表文で、「レコグニションは人権擁護および市民権に関して深い懸念を引き起こす。ACLUと人権擁護団体で構成する同盟はきょう、アマゾンに対して政府によるレコグニションの使用を容認しないよう求めた」と指摘した。ACLUによると、フロリダ、オレゴン両州の法執行機関は監視活動にこのサービスを利用している。

  人権擁護団体の間ではこれまでにも、政府による顔認識ソフトウエアの使用は不法移民や黒人公民権運動家など特定のグループが標的になり得るとの懸念が上がっていた。

  これに関しアマゾンは電子メールで、「AWSのサービスが顧客により乱用されていることが判明した場合には、サービス使用権利を凍結している」と説明した。

原題:Amazon’s AI Facial Recognition for Police Draws Ire of ACLU (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE