Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

トランプ大統領、米中通商協議に現時点で「それほど」満足していない

トランプ米大統領はこれまでの米中通商協議の結果に「それほど」満足していないと述べた。関税を賦課するとの強硬姿勢を和らげたのはポピュリスト(大衆迎合主義)的な選挙公約に背く行為だとして、トランプ氏を批判する支持者も出てきている。

  トランプ大統領は22日、執務室で開いた韓国の文在寅大統領との会談に際して記者団に対し、中国との交渉に関する疑念を表明。米中協議に満足しているかどうか問われると、「ノー、それほど」満足していないとしたものの、「これは始まりだ」と付け加えた。

  トランプ政権は数十億ドル相当の中国製品への関税賦課を保留にすることを決めた。ホワイトハウス内で貿易政策を巡る意見対立や北朝鮮との交渉に悪影響を及ぼすとの懸念があるためだと、政権の考えに関して説明を受けた複数の関係者は話した。

原題:Trump Says ‘Not Really’ Pleased With China Trade Talks So Far(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE