ゴールドマン、元モルガンS投資銀行業幹部のリッター氏を採用

  • リッター氏はニューヨーク在勤のマネジングディレクターに
  • ゴールドマンは最近、中南米の投資銀行業向けに相次ぎ採用

ゴールドマン・サックス・グループは、中南米での企業の合併・買収(M&A)に関する助言業務責任者としてモルガン・スタンレーで働いていたマックス・リッター氏を採用した。

  社内メモによると、モルガン・スタンレーのアンデス投資銀行業責任者だったリッター氏は、ゴールドマンではニューヨーク在勤のマネジングディレクターとして中南米の市場シェア拡大を重視して取り組む。同氏の業界での経験は15年を超え、シティグループにも在籍した。

  ゴールドマンは最近数カ月、中南米の投資銀行業向けに競合行から相次ぎ幹部を採用。ブルームバーグの集計データによれば、ゴールドマンは過去1年の中南米のM&A助言で4位。

原題:Goldman Hires Ritter From Morgan Stanley as Head of LatAm M&A(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE