マイクロソフト、中国4大学とAIデータ共有プラットフォーム構築へ

\

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

マイクロソフトは北京大学など中国の名門大学4校と、人工知能(AI)に関する同社のデータとツールを共有するオープンプラットフォームを構築する。競合する中国企業への対抗加速が狙いで、他の3校は中国科学技術大学と西安交通大学、浙江大学。

  マイクロソフトは21日、同社のAIチップシステム「プロジェクト・ブレインウエーブ」のデモンストレーションを北京で行った。同社が開発した中国語チャットアシスタント「微軟小氷(シャオアイス)」が人間の声をまねたり、電話で会話し、詩も創作できることを示した。

原題:Microsoft Will Share Data, Tools to Speed Chinese AI Development(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE