Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

仮想通貨、マネー革命失敗の最新例の可能性:シラー教授

  • シラー教授はドットコム・住宅バブルに警鐘を鳴らしたことで有名
  • 現在の高揚感を1800年代の「タイムマネー」の台頭になぞらえた
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ノーベル経済学賞受賞者である米エール大学のロバート・シラー教授は、ドットコム・バブルや住宅バブルに警鐘を鳴らしたことで有名だ。シラー教授は仮想通貨について、過去1世紀余りに及ぶマネー革命失敗の歴史の最新の例になりかねないと考えている。

  シラー教授は、2009年以降に約2000の仮想通貨を誕生させた現在の高揚感を1800年代の「タイムマネー(時間貨幣)」の台頭になぞらえた。

  1827年にはジョサイア・ワーナー氏が、「レーバーノート(労働貨幣)」と呼ばれる労働時間の金融商品を販売する「シンシナティ・タイム・ストア」を開き、その2年後には、英ウェールズの繊維製造業者ロバート・オーエン氏が、タイムマネーに基づくナショナル・エクイタブル・レーバー交換所をロンドンに設立しようと試みたが、いずれも失敗に終わった。

  さらに1世紀後に経済学者ジョン・ピース・ノートン氏が提案した「エレクトリックダラー」も、通貨の革新というよりも笑いのネタとなった。

  シラー教授はブログへの投稿で、「コンピューターサイエンス分野以外の人々は、仮想通貨がどのように機能しているか誰も説明することができない。その不可解さが独占のオーラ(雰囲気)を生み、新たな通貨に魅力を与え、支持者らを革新の熱情で満たしている。これはどれも新しいことではなく、過去のマネー革命と同様に説得力のある話だけでは十分ではなかろう」と指摘した。

原題:Yale’s Shiller Warns Crypto May Be Another Cincinnati Time Store(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE