コンテンツにスキップする
Photographer: Craig Warga

ウェルズ・ファーゴが為替業務で22人削減、取引低迷で

Wells Fargo & Co.'s bank branch in New York.
Photographer: Craig Warga

米銀ウェルズ・ファーゴは、外国為替業務の営業部員を22人削減する。報告を受けた関係者1人が明らかにした。市場取引の低迷が背景にある。

  対象となる従業員はセントルイスやアトランタなどに勤務していた。一部は他の拠点に異動となり、その他の従業員は退職するという。

  同行の広報担当ジェシカ・オング氏は21日、電子メールで送付した資料で「ウェルズ・ファーゴは外為ビジネスに完全にコミットしている。通常の業務の一環として顧客のニーズに沿うよう、われわれの資源と人材配置の水準の評価を常に実施している」とコメント。セントルイスとアトランタの業務を他に移管することを確認した。

原題:Wells Fargo Said to Cut 22 Jobs in Currency Trading Amid Malaise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE